大内茶園HOME » こだわり » 新茶、番茶、ほうじ茶、煎茶。お茶の違いは…

新茶、番茶、ほうじ茶、煎茶。お茶の違いは?


どう違うの?

新茶、番茶、ほうじ茶、煎茶・・・お茶にはいろんな種類があります。違いを知ってお茶をもっと身近に感じ、楽しんで頂けるとうれしいです。

大まかな分類

煎茶(広い分類)

抹茶(てん茶)などは茶葉を揉まずに乾燥して粉末にしますが、それに対して、煎茶(広い分類)は茶葉を湯に浸して成分を抽出したものです。

<煎茶の種類>

・玉露
収穫の前(最低二週間程度)被覆を施され栽培されたものを玉露といいます。光が少ない状態で新芽が育つため、アミノ酸(テアニン)からカテキンへの生成が少なくなり、その結果、渋みが少なく旨みが豊富な味になります。海苔に似た香りが特徴的です。

・煎茶(狭い分類)
玉露と異なり日光を遮らずに栽培したものです

・番茶
原料として夏以降に収穫した茶葉(三番茶・四番茶)、次期の栽培に向けて枝を整形したときの茶葉(秋冬番茶)、煎茶の製造工程ではじかれた大きな葉(川柳)などを用いたお茶です。ワインで言うテーブルワインのような感じです。

・茎茶(棒茶・白折)
新芽の茎だけを抽出したお茶です。独特のさわやかな香りと甘みが特徴です。玉露などから採られた高級な茎茶のことを特に雁ヶ音(かりがね)、白折(しらおれ)と呼びます。

・ほうじ茶(緑茶に含めないことも)
煎茶、番茶などをキツネ色になるまで強火で炒って(ほうじると言います)香ばしさを引き出したお茶のことです。炒ることによってカフェインが昇華して苦みが飛ぶので、お子さまやお年寄りの苦味の苦手な方にも飲みやすいお茶です。香ばしさとすっきりとした軽い味が特徴です。

・玄米茶
水に浸して蒸した玄米を炒り、これに番茶や煎茶などをほぼ同量の割合で加えたお茶のことです。炒り玄米の香ばしさと、番茶や煎茶のさっぱりとした味わいが特徴です。玄米が混入していることで、煎茶や番茶の使用量が少なくなり、カフェインが少なく、お子さまやお年寄りの苦味の苦手な方にも飲みやすいお茶です。

抹茶(挽茶)

てん茶を出荷する直前に石臼で挽いたものが「抹茶」です。

新茶と番茶の違い

新茶

「新茶」とは、その年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくったお茶のことで、一番茶と呼ばれることもあります。新茶は、カテキン(渋み)・カフェイン(苦み)が少なく、逆にテアニン(旨み)が多いため、若葉ようなのさわやかな香りが特徴です。

静岡産にも負けない山口の美味しいお茶

自然農法産やまぐち小野茶

やまぐち小野茶

静岡のお茶にも負けないしっかりと丁寧に作った山口の美味しいお茶です。大内茶園のお茶は、ご自宅で楽しんでいただくための商品、お見舞い、お見舞い返し、快気祝い、法事・法要の引出物、など目的別に様々な種類のお茶をご用意しております。

山口県出身の吉田松陰など維新に活躍した人物にちなんだ山口県ならではのお茶もご用意しております。

他所では購入できない商品ですので、是非ご覧になって下さい。

購入ページへ

前のページに戻る