大内茶園HOME » こだわり » 湯田温泉水の由来…

湯田温泉水の由来


湯田温泉の由来は古く、正冶2年(1200年)にはすでにその名が記されており湯泉の発見の歴史はもっとも古いものと思われています。
1459年当時の施政者大内氏の法令に「夜中湯田の湯へ入る事」という入浴規則があり、温泉が生活に係わっていたことが知られます。

特徴
無色透明、弱アルカリ性のつるつるした柔らかいお湯。
酸化還元電位が非常に低い温泉です。還元力(酸化を防ぐ力)が強く、健康増進に役立ちます。

泉質
アルカリ性単純硫黄泉

購入ページへ

自然農法産やまぐち小野茶
初めての方にネット付のおすすめセット

業務用のお茶
まとめ買いがお得です。

その他のお茶
まずはお試し用という方に

前のページに戻る